iPadの拡張はこれ1台で解決!HyperDrive iPad Pro 2020/2018対応USB-Cハブ

¥8,700  

カラー
数量
お支払いはVISA、JCB、Mastercard、American Express、Apple Pay、Google Pay、Amazon Payに対応。
お支払いはVISA、JCB、Mastercard、AMEX、Apple Pay、Google Pay、Amazon Payに対応。当店のカード決済システムは最も高いセキュリティ基準「PCI DSS LEVEL 1」を満たしています。
  • 商品の説明

      本製品はiPad Pro 2020/2018モデル(12.9inch、11inch)ならびにUSB-Cポートを備えるWindowsパソコン、Mac専用(延長アダプター使用時)となります。

       


      6つの便利なポートが大集結!

      HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubは、iPad Pro 2020/2018モデルのUSB-Cポートを6ポート(4K HDMI、USB-C、microSD、SD、USB-A、3.5mmオーディオジャック)に拡張できるアイテム。

      「カメラで撮った写真をSDカードから写真を取り込みたい。」
      「iPadの画面をプロジェクターやモニターにミラーリングしたい。」
      「有線でスピーカーに接続して音楽を楽しみたい。」

      この1台で、iPad Proをお使いの方のあらゆるニーズにお応えできます!


      ① 高解像度4K HDMIポート

      4K30HzのHDMIビデオ出力に対応。デバイスからの信号を高解像度のままテレビ、プロジェクター、ディスプレイなどに送信できます。
      (※ iPad Proは、4K30Hzをサポートしていないため、iPad ProからのHDMI出力は最高2K60Hzになります)

      ② SDカードスロット:
      iOSでSDカードの読み込みができます。macOS、WindowsではSDカードの読み書きができます。(※ iOSの仕様となります)

      ③ micro SDカードスロット:
      iOSでmicro SDカードの読み込みができます。macOS、Windowsではmicro SDカードの読み書きができます。(※ iOSの仕様となります)

      ④ 高速転送可能なUSB3.1 Gen1:最大5Gbpsの高速転送が可能なUSB3.1 Gen1のUSB-Aポート

      ⑤ 3.5mmオーディオジャック:スピーカーやイヤホン・ヘッドホンの有線接続が可能になります。

      ⑥ パワーデリバリー&パススルー対応のUSB-C電源ポート

      USB-Cポートは、ハブを使いながらiPadを充電できるUSBパワーデリバリーに対応。最高60Wの給電が可能です。また、パススルー対応なので、5Gbpsのデータ転送が可能です。





      設定いらずのプラグ&プレイですぐに使える

      12.9インチ、11インチのiPad Pro 2020/2018モデルに装着した瞬間から動作します。
      別途アプリの使用などは一切ありません。
      とてもシンプルな設計なので、誰でも簡単に使うことができます。

       

      iPad Proに溶け込むデザイン

      本体は、iPad Pro 2018モデルと同等の薄さ1cmを実現。
      厚み、エッジの角度やコーナーの丸みまで、iPadに溶け込むデザインを徹底的にこだわりました。
      また、本体のカラーはスペースグレー、シルバーの二色展開。iPad Pro 2018モデルのカラーに統一されています。

       

      独自開発のジョイントで確実に固定

      iPad Proの厚みに合わせた独自開発のジョイントは、iPad Proを前面と背面からしっかりと挟み込み、ハブを確実に固定します。
      iPad Proの表面を傷つけず、装着することができる仕組みになっています。
      このジョイント機能で装着時の安定性を向上させたことによって、HyperDriveをiPad Proに挿したまま持ち運ぶことが可能になりました。

       

      Apple純正Smart Folioをつけたまま使用可能

      iPad Pro 2018モデルと同等の薄さなので、Apple Smart (Keyboard) Folioをつけたままでも使用可能です。



      延長アダプターで使い道広がる

      同梱のUSB-C延長アダプターを使えば、Mac Book、Windowsなど、USB-Cポートを持つデバイスのハブとして使うことができます。
      ※ Power Delivery 60W までが対応となり、他社製ハブを一緒に使う際など、環境によります。すべてのデバイスに対応することを保証するものではありません。

       

      フィルム併用ジョイント

      同梱のフィルム併用ジョイントに付け替えることで、iPad Proのディスプレイに保存フィルムを貼った状況でもHyperDriveハブを使うことができます。

       

       


      HYPERは、カリフォルニア州シリコンバレーを拠点とするSanho Corporationのブランドで、Apple製品をはじめとする最先端のIT&モバイルアクセサリーを専門としています。

      本製品HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubは、海外のクラウドファンディングサービスkickstarter / Indiegogoにて228万ドル(約2億5千万円)を集め、数々のグローバルメディアにも紹介されました。

       

      製品仕様

      よくある問い合わせ

      Q 嵌めたのにiPadProとHUBの間に隙間が出来てしまう。
      A HUBをiPad Proに装着する際はカチッと音がするまで押してください。 押し込むために力が多少かかります。

      Q HUBがガラスフィルムに干渉してしまい、装着できない。
      A 同梱されているフィルム併用ジョイント「Use WITH Screen Protector」に付け替える事で厚みのあるガラスフィルムを装着した状態でもご利用頂けます。

      Q オーディオジャックにヘッドフォンを繋いでも音が出ない
      A
      1. ハブ本体をiPad Proに装着
      2. イヤホンジャックにイヤホンをしっかり奥まで装着します。※イヤホンジャックにイヤホンを挿した際、少しでも浮いている状態では、イヤホンが認識されません。必ず奥までしっかりとささっていないと音声はiPad Proから出てしまいます。
      3. 1と2の方法をお試しいただいても改善されない場合は、 一度iPad Proを再起動してみてください。 再起動する事で改善される事がございます。

      Q HUBのイヤホンジャックにイヤフォンをつないだ際にiPad Pro側で音量を一番小さくしても音が大きく聞こえる
      A 個人差はありますが、確かに一番小さくしても通常よりは音が大きく聞こえます。こちらはiPad Proの仕様によるものなので音量をそれ以上下げる事が難しいです。

      Q iPad Proからモニターに映像を映し出したい
      A ハブ本体にHDMIポートがございますので、HDMIポートにHDMIケーブルを接続して頂くとご利用頂けます。※受信側(モニター側)にもHDMIポートが必要となります。

      Q iPad ProからUSBメモリーやSDカードにデータを書き出せるか?
      A 対応しておりません。※iOSの仕様になります。

      Q 画像・動画以外にもデータを読み込むことはできるか?
      A 画像・動画以外のデータは読み込む事が出来ません。※iOSの仕様になります。

      Q デバイス(SDカード、USBメモリ)からiPad Proへ画像・動画ファイルが読み込めない。
      A USBメモリやSDカードから画像・動画ファイルを読み込ませる場合、事前にUSBメモリやSDカード内に「DCIMフォルダ」を作成して、「DCIMフォルダ」の中にデータを保存しておく必要がございます。USBメモリやSDカードの中に「「DCIMフォルダ」が存在しないとデータを読み込む事ができません。こちらは、iOSの仕様になります。

      Q HDMI出力ができない
      A デバイスのUSB-Cポートがディスプレイ出力モードを提供していてHyperdriveからのHDMIに信号がない場合は、以下を確認して試してください。

      ●HDMIは、HDMI-HDMIケーブルでHDMIディスプレイモニターに接続する必要があります。アダプタを使用しても、DVI /ディスプレイポートまたはその他の非HDMIモニタとは互換性がありません。信号を正しく変換できるアクティブコンバーターが必要です。
      ●ディスプレイが正しいHDMI入力ソースに設定されていることを確認してください
      ●HDMIケーブルとモニター/ TV /ディスプレイをテストして、それらも正しく機能していることを確認します。
      ●USB-Cデバイスの電源をオフ/リセットし、Hyperdriveを取り外してから再接続します。また、モニター/テレビ/ディスプレイの電源を切り、プラグを抜き、接続をリセットして再試行してください。
      ●HDMIケーブルの長さは2メートルを超えることはできません。
      ●製造元によっては、ケーブルの一方をディスプレイモニターに接続し、もう一方をソースに接続するようにしています。通常、ディスプレイの最後のモニターには「TV」のマークが付いています。

      Q USB-Aに接続したデバイスが起動しない
      A USB 3.1からの電源供給は、5 Vで最大900 mAとなります。お使いの製品が対応しているか事前にご確認下さい。

      Q iPadPro 2018がHyperDriveハブを介してコンピューターによって検出されないのはなぜですか?
      A HyperDriveハブが接続されるとiPadPro 2018がマスターコンピューターになるためです。したがって、ユーザーがiPadProをHyperDriveハブを介してコンピューターに接続すると、USB-Cを介して2つのマスターコンピューターとの通信を確立できませんケーブル。同様に、2つのMacBookをUSB-Cケーブルで接続して相互に通信することはできません。

      Q HyperDriveはUHS-II microSD / SDカードをサポートしていますか?
      A HyperDriveは、最大UHS-I microSD / SDカードをサポートします。こちらの制限は、UHS-IIには、より多くの熱を生成する非常に大きなチップセットが必要であるため、UHS-IIをサポートするためにハブをさらに大きくする必要があるためです。

      Q HyperDriveはUSB 3.1 Gen 2(10Gbps)をサポートしていますか?
      A HyperDriveはUSB 3.1 Gen 1(5Gbps)をサポートします。この制限は、現在のUSB 3.1 Gen 2チップセットは大量の熱を発生するため、HyperDriveのようなコンパクトなハブではなく、物理的にはるかに大きなハブに適しているためです。

      Q USBメモリ、SDカードからデータが読み込めません
      A 下記をご参照下さい

      なお、USBメモリやSDカードにDCIMフォルダを作成するのはiPad Pro上では行えません。別途パソコンで作業をお願い致します。

  • レビュー

    • Customer Reviews

      No reviews yet
      0%
      (0)
      0%
      (0)
      0%
      (0)
      0%
      (0)
      0%
      (0)